ミノキシジルタブレットを女性が使用する場合の注意点

女性にも

女性にも自分のペースでリスクが多い上手に活用して

ミノキシジルタブレットは主に男性型脱毛症と呼ばれる、AGAの治療に対して使われる薬剤です。
日本においては医療用医薬品としての錠剤は許可されていませんが、一般用医薬品として育毛剤に低濃度で配合された商品は認可されており、大手製薬会社から発売された商品が広く出回っています。
ミノキシジルタブレットはもともと高血圧治療の目的で開発が進んだ薬剤であり、研究段階で認められた発毛効果に注目してこちらの観点から実用化されたという経緯を有しています。
こうした事もあり、その作用は血管拡張という形で齎されます。
そして同時に、毛母細胞と呼ばれる毛の成長に強く関わる細胞の分裂を活性化させる働きがあります。
作用においてはホルモンに対して直接の影響は与えない為、性別を問わずに薄毛に悩む女性でも使用は可能です。
但し女性が使用する場合には、より注意すべき点も存在します。
まず前述のように高血圧治療が目的であった薬剤で血管拡張作用がある為、伴って血圧降下作用が見られる事があるという点です。
個人差はありますが一般に女性は男性よりも血圧が低い傾向にある為、この作用が強く出てしまった場合に正常以下の血圧となってしまうリスクがより高くなっています。
血管拡張に伴って感じる症状が頭皮の痒みに留まる程度であれば良いのですが、もし動悸・めまいを感じるようであれば明らかに血圧に対する作用のリスクの方が大きい状況であり、以後の使用は中止して別の薄毛対策のアプローチを探るべきです。

ミノキシジルタブレットミノタブは最強の発毛剤